FC2ブログ

仮面ライダージオウ 第43話「2019:ツクヨミ・コンフィデンシャル」その1



第43話「2019:ツクヨミ・コンフィデンシャル」その1



vlcsnap-2019-07-14-11h51m29s85.jpg




ツクヨミを連れていかれ、立ち尽くすジオウⅡのもとへディケイド、ゲイツVSアナザージオウⅡがこの場までなだれこみます


「ジオウ、ツクヨミはどうした?」(士)


「タイムジャッカーに連れて行かれた」(ソウゴ)




vlcsnap-2019-07-14-11h51m47s11.jpg



「何だと、貴様!」(ゲイツ)


「ごめん…」(ソウゴ)



「仲間を救うこともできなかったか。無様だな、常盤ソウゴ」(飛流)




vlcsnap-2019-07-14-11h52m21s87.jpg



アナザージオウⅡは激しい猛攻を3人に加え、さらには覇王斬りを模した技を繰り出します





vlcsnap-2019-07-14-11h52m33s218.jpg



「一旦引くぞ」(士)



ディケイドがオーロラカーテンを使い、ゲイツ、ジオウⅡとともに退却





vlcsnap-2019-07-14-11h52m43s54.jpg



「常盤ソウゴ…。次に会う時がお前の最後だ」(飛流)




vlcsnap-2019-07-14-11h53m30s13.jpg
vlcsnap-2019-07-14-11h53m34s54.jpg



その頃、捕らわれたツクヨミはお城の広間へ連れてこられる


「私があなたの妹って嘘でしょ」(ツクヨミ)



「驚くのも無理はない。だがお前も力に目覚めたはずだ」(スウォルツ)



「時間を停める力…?」(ツクヨミ)




vlcsnap-2019-07-14-11h56m57s38.jpg



「その力は、我が一族にのみ与えられた特別な力だ」(スウォルツ)


一族とは…?



「ちょっと待って…!そんな話聞いてないんだけど…」(ウール)



vlcsnap-2019-07-14-11h57m19s249.jpg




「話す必要がなかったからなあ…。王座は間もなく私のものになる」(スウォルツ)


やはり自らが王になろうと暗躍してたんだ




vlcsnap-2019-07-14-11h57m38s193.jpg




「は…?おかしくない?僕達の目的はオーマジオウに代わる新たな王を擁立することだろ!? それじゃ、スウォルツが王様になりたいみたいじゃないか」(ウール)




vlcsnap-2019-07-14-12h06m45s31.jpg
vlcsnap-2019-07-14-12h06m55s130.jpg



スウォルツはいきなり手からオーラを放ちウールを吹っ飛ばす



「…何すんだ?」(ウール)


そこへオーラがやってきた




vlcsnap-2019-07-14-12h07m59s1.jpg




「図星みたいね…。この海東って男、タイムジャッカーの力を使った。力をあなたからもらったって聞いたわ」(オーラ)


「何だって…」(ウール)




vlcsnap-2019-07-14-12h08m12s133.jpg



「あれ。それって言っちゃまずいことだった?」(海東)




vlcsnap-2019-07-14-12h08m26s16.jpg




「ちゃんと説明てもらえるかしら」(オーラ)


「いいだろう」(スウォルツ)




vlcsnap-2019-07-14-12h08m39s145.jpg



「こういうことだ」(スウォルツ)


スウォルツはオーラの頭を掴むと力を奪い始める



「うう…うああ…うう…」(オーラ)




vlcsnap-2019-07-14-12h08m58s75.jpg



「オーラ!」(ウール)




vlcsnap-2019-07-14-12h09m15s254.jpg




「力を失ったことを感じるか?お前達に力を与えたのは、俺。与えられるということは、いつでも奪えるということだ…」(スウォルツ)


vlcsnap-2019-07-14-12h09m41s245.jpg



ウールはスウォルツに銃を発射するが、あっさり腕を上げるだけで防がれてしまう


だが時間を停止し、この場からオーラを連れ逃走



vlcsnap-2019-07-14-12h09m56s143.jpg



「海東、やつらはもう不要だ。始末しろ」(スウォルツ)



「分かった。約束のお宝、期待しているよ」(海東)




vlcsnap-2019-07-14-12h10m33s11.jpg



ツクヨミの拘束を解くスウォルツ


「さて、何から話をしようか…妹よ」(スウォルツ)





vlcsnap-2019-07-14-12h46m11s133.jpg



「海東が時間を停めた…?」(士)

「元からあんな力を使えたのか?」(ゲイツ)


「いや。そんな芸当はできなかったはずだ……おかしなやつではあるけどな」(士)




vlcsnap-2019-07-14-12h46m30s74.jpg




「離せ!俺が行かなくて誰が行く!」(順一郎)


順一郎の大声を聞き、ゲイツとソウゴが様子を見てみると…



「何の騒ぎだ、おい!」(ゲイツ)




vlcsnap-2019-07-14-12h46m42s200.jpg



「…何だその格好は!」(ゲイツ)


「留守は頼んだぞ」(順一郎)


「え?」(ゲイツ)


「ちょっと、ツクヨミ君助けに行ってくる。この命捨てようと、若者を救うのは年長者の役目。この覚悟、見届けてくれ!」(順一郎)

鍋の蓋や麺をゆでる網でどう戦うんよ?



vlcsnap-2019-07-14-12h47m05s176.jpg



「ああっ、叔父さん!止めよう。も、止めよう。ツクヨミは俺達が必ず助け出す。ねっ」(ソウゴ)


「えっ?」(順一郎)


「叔父さんはいつものように、美味しい料理作って待ってて?ねっ」(ソウゴ)



vlcsnap-2019-07-14-12h47m20s59.jpg


「…そう?」(順一郎)


「うん」(ソウゴ)


「ていうか、君に作ってあげたことないけどね」(順一郎)




vlcsnap-2019-07-14-12h47m28s144.jpg



「ええ…毎日食べてたよ…俺」(ソウゴ)



ソウゴの肩をポンと叩くゲイツ




vlcsnap-2019-07-14-12h47m32s186.jpg
vlcsnap-2019-07-14-12h47m41s21.jpg



オーラと身を隠すウールはカーテン越しに追手のアナザーWとファイズを確認



「あいつら、ずっと騙してたんだ…。王を擁立しようとか言って、自分が王になるために僕達を利用した…!」(ウール)




vlcsnap-2019-07-14-12h47m50s110.jpg





「落ち着きなさい」(オーラ)




vlcsnap-2019-07-14-12h49m43s214.jpg




「落ち着いてられるかよ!」(ウール)


テーブルを蹴飛ばすウール


「絶対に仕返ししなきゃ気が済まない」(ウール)




vlcsnap-2019-07-14-12h50m10s228.jpg



そこへ海東が入ってきた


「下手に逆らえば、君まで力を奪われるだけだろうね」(海東)




vlcsnap-2019-07-14-12h50m24s117.jpg



海東へ銃を向けるウール



「待てって。君達と戦うつもりはないよ?彼には始末しろって言われたけどね」(海東)


「何だって」(ウール)




vlcsnap-2019-07-14-12h50m53s147.jpg




「僕はお宝が手に入ればそれでいい。だからって、誰かの言いなりになるのは気に食わない」(海東)


海東はウォッチを出すとオーラへ投げ渡す



vlcsnap-2019-07-14-12h51m01s230.jpg




「これは…」(オーラ)


グランドジオウライドウォッチ




vlcsnap-2019-07-14-12h51m10s57.jpg





「好きに使っていいよ。…あ。そうだ、変に勘ぐられるのも勘弁だから、仕事はさせてもらおうかな」(海東)




vlcsnap-2019-07-14-12h51m35s53.jpg


海東はカーテンを開き、扉を開ける


「おい、ここにいたぞ」(海東)


アナザーライダー達にちくった!



vlcsnap-2019-07-14-12h51m40s108.jpg



「悪いね」(海東)




vlcsnap-2019-07-14-12h51m47s178.jpg




2体のアナザーに向け銃撃し、怯んだところを逃げるウールとオーラ





vlcsnap-2019-07-14-12h52m06s106.jpg



ツクヨミを探すソウゴとゲイツはアナザーライダー達に追われて逃げるウールとオーラを目撃する


「タイムジャッカーがアナザーライダーに…」(ゲイツ)


「助けるよゲイツ」(ソウゴ)



vlcsnap-2019-07-14-12h52m15s198.jpg


「馬鹿言うな。あれは罠だ」(ゲイツ)


「だとしても放っておけないじゃん」(ソウゴ)



vlcsnap-2019-07-14-12h52m32s108.jpg



アナザーに追い詰められたタイムジャッカーの2人

そこへ変身したジオウとゲイツが駆けつけアナザーを引き離す




vlcsnap-2019-07-14-12h53m12s246.jpg


ダブル!


ファイズ!


アーマータイム!



vlcsnap-2019-07-14-12h53m20s85.jpg



ジオウはダブルアーマー、ゲイツはファイズアーマーを纏う



vlcsnap-2019-07-14-12h53m46s86.jpg



ジオウダブルアーマーはアナザーダブルを相手取り、ゲイツファイズアーマーはアナザーファイズと交戦




vlcsnap-2019-07-14-12h54m15s120.jpg


ジオウ、ゲイツはタイムブレーク、タイムバースト発動


それぞれの必殺ライダーキックで、アナザーを撃破します


やはりキックシーンはかっちょよかった!


vlcsnap-2019-07-14-13h02m14s44.jpg




「どうして君達が襲われてるの?」(ソウゴ)


「余計な事を…。君達には関係ないだろ。行こう」(ウール)


「待って」(オーラ)



vlcsnap-2019-07-14-13h02m26s166.jpg




「…頼みたい事がある」(オーラ)


「え…?」(ソウゴ)




vlcsnap-2019-07-14-13h02m41s68.jpg



「あたしとあなたが一族だっていうの?」(ツクヨミ)


「そうだ。俺達はこの世界とは別の時間軸からやってきた。そして時間を操る力は、我が王家にのみ引き継がれてきた」(スウォルツ)


「王家?」(ツクヨミ)




vlcsnap-2019-07-14-13h03m19s190.jpg



「王家のなかで最も強い力を持つ私が…王位を継ぐのがふさわしい。だが…次の王に選ばれたのは、妹のお前だった」(スウォルツ)




vlcsnap-2019-07-14-13h03m26s253.jpg




「私が…?」(ツクヨミ)





vlcsnap-2019-07-14-13h03m59s78.jpg




「到底承伏できない決定。だから私はお前の記憶を奪い、別の時間へと追放した。まさか、生きているとは思わなかったがな。だが、今となっては好都合だ」(スウォルツ)


決定が気にくわないから実の妹を記憶を奪って別時間へ追放って…かなりの鬼畜




vlcsnap-2019-07-14-13h04m30s127.jpg




「お前の力を頂くぞ」(スウォルツ)


そう言うとスウォルツはツクヨミから力を奪い始める



「うわぁぁぁーっ」(ツクヨミ)




vlcsnap-2019-07-14-13h04m39s221.jpg
vlcsnap-2019-07-14-13h04m42s250.jpg



そこへウォズが現れ、妨害




vlcsnap-2019-07-14-13h04m54s114.jpg




「ツクヨミ君」(ウォズ)


ウォスがツクヨミへ近づこうとすると




vlcsnap-2019-07-14-13h05m06s236.jpg
vlcsnap-2019-07-14-13h05m15s62.jpg



スウォルツがウォズへオーラを放ち、壁に叩きつける





vlcsnap-2019-07-14-13h05m38s36.jpg





「貴様が私の行動を探るために潜り込んでいたのは承知している」(スウォルツ)



vlcsnap-2019-07-14-13h05m52s178.jpg



「分かっていて全てを明かすとは、随分気前がいいじゃないか」(ウォズ)





vlcsnap-2019-07-14-13h05m59s254.jpg




「この力が手に入れば、もう誰も私を止める事は出来ないからな」(スウォルツ)






vlcsnap-2019-07-14-13h06m19s196.jpg
vlcsnap-2019-07-14-13h06m28s31.jpg



再度、ツクヨミから力を奪うスウォルツ


「うう…うう…あぁぁぁぁぁぁぁーっ」(ツクヨミ)





vlcsnap-2019-07-14-13h06m44s185.jpg
vlcsnap-2019-07-14-13h06m48s231.jpg



ウォズはマフラー伸ばし、失神したツクヨミを連れ去ります





vlcsnap-2019-07-14-13h07m04s126.jpg



「フ、ハハハ…素晴らしい力だ…」(スウォルツ)


王家の力をツクヨミから完全に奪った模様



vlcsnap-2019-07-14-13h07m18s10.jpg




瞳が紫色に…


ホラーっぽくなってきた




vlcsnap-2019-07-14-13h13m26s109.jpg



「あいつに一泡吹かせてやりたいの」(オーラ)


「あいつって?」(ソウゴ)


「スウォルツだ。僕達はあいつに利用されてた」(ウール)


「どういうことだ」(ゲイツ)


「スウォルツは、自分で王になるつもりだ」(ウール)




vlcsnap-2019-07-14-13h13m40s253.jpg




「あんた、これであいつを倒せる?」(オーラ)




vlcsnap-2019-07-14-13h13m49s90.jpg



「グランドジオウウォッチ…。どうしてそれを?」(ソウゴ)




vlcsnap-2019-07-14-13h14m07s7.jpg




「できるかできないか聞いてるの」(オーラ)


「分かった。約束する」(ソウゴ)



vlcsnap-2019-07-14-13h14m20s141.jpg



ウォッチを受け取るソウゴ



「約束を破ったら許さないから」(ウール)




vlcsnap-2019-07-14-13h14m42s101.jpg



そこでゲイツに連絡が入る



「ツクヨミ…」(ゲイツ)





vlcsnap-2019-07-14-13h14m52s192.jpg



クジゴジ堂で順一郎に氷嚢を当ててもらい、横たわるツクヨミ


「よかったね。本当によかった…」(順一郎)





vlcsnap-2019-07-14-13h15m03s59.jpg



「我が魔王。許してくれ。私はスウォルツの不穏な動きを探るために加古川飛流についていたんだ」(ウォズ)



やはりそうだと思った




vlcsnap-2019-07-14-13h15m11s142.jpg




「俺は信じてたよウォズ。君の行動には必ず意味があると」(ソウゴ)



「ありがとう」(ウォズ)



ちょ…ちょ…、ソウゴ、相当凹んでた気がするんだが…、士が説教して、それで…立ち上がった感あるよね




vlcsnap-2019-07-14-13h15m29s61.jpg



「ゲイツ…。あたし…スウォルツの…」(ツクヨミ)



「何も言うな」(ゲイツ)


妹だということはすでに知ってるのか…ウォズがツクヨミが気を失ってる間に話してるのかな




vlcsnap-2019-07-14-13h15m46s228.jpg



「…あたし、もしスウォルツが本当にあたしの兄だったとしても、でも、世界を自由にしようなんて許せない」(ツクヨミ)



黙ってうなずくゲイツ





vlcsnap-2019-07-14-13h16m26s123.jpg



「ツクヨミが別の時間軸の存在ってどういう事だ?」(ゲイツ)



「大体分かった」(士)



「ほんとか?説明しろ」(ゲイツ)




vlcsnap-2019-07-14-13h16m42s22.jpg




「大体は大体だ。とにかく黒幕はスウォルツ、あいつがすべてを引き起こしていたってことだ」(スウォルツ)




vlcsnap-2019-07-14-13h17m07s13.jpg




「未来は誰にも渡さない。スウォルツにも。加古川飛流にも」(ソウゴ)



「問題はこれからどうするかだ。我が魔王」(ウォズ)





vlcsnap-2019-07-14-13h17m44s129.jpg




「ああ。まずは加古川飛流。あいつを倒して、この世界を元に戻そう」(ソウゴ)


その言葉にゲイツ、ウォズ、そして士が立ち上がり、並び立つ




その2へ続く





↓↓「にほんブログ村」特撮1部門でもいいのでココをクリックしてね。コメより励みになりますのでよろしく~↓↓




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダージオウ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2019-07-15 : 仮面ライダージオウ : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ハニー@風見

Author:ハニー@風見
侍戦隊シンケンジャーは私にとって永遠の最高傑作です

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR