仮面ライダーエグゼイド 第7話「Some lieの極意!」その1



第7話「Some lieの極意!」その1



vlcsnap-2016-11-20-16h16m26s32.jpg



貴利矢は夜の病院の一室に駆け込んできた

そこは霊安室


貴利矢は亡くなった男性の顔を見て絶叫する




vlcsnap-2016-11-20-16h17m49s95.jpg



目を覚ます貴利矢

どうやら夢だったようで…




vlcsnap-2016-11-20-16h18m27s215.jpg



「おう、どうした?またうなされてたぞ、兄ちゃん。悪い夢でも見たか?」と隣のベットの岡田誉士夫という男性が声をかける



「おっちゃんには関係ねえだろ。自分の心配でもしてろ」(貴利矢)




vlcsnap-2016-11-20-16h18m52s208.jpg




「お父さん、体の調子はどう?」(しおり)


「しおり…。何だ、また来たのか。いちいち見舞いなんていらねえんだよ」(誉士夫)


「検査の結果も分かってないのに、放っとける訳ないでしょ。お父さんが元気になってくれなきゃ、工場だって回らないんだから」(しおり)


「そんな事、お前が心配する事じゃないんだ!」(誉士夫)


ここで誉士夫は急に苦しみだす



vlcsnap-2016-11-20-16h19m13s168.jpg
vlcsnap-2016-11-20-16h19m21s244.jpg




彼の手にはバグスターウイルスが…



「おいおい、マジかよ」(貴利矢)




vlcsnap-2016-11-20-16h19m38s161.jpg


CRに連絡をし、誉士夫を搬送

「貴利矢はここまで」(明日那)

「そりゃないだろ。救急通報してやったの自分だぞ?」(貴利矢)




vlcsnap-2016-11-20-16h20m02s143.jpg




「仮面ライダー、許せん…!」(グラファイト)




vlcsnap-2016-11-20-16h20m14s12.jpg



「心が躍るな。これだからゲームはやめられない」(バラド)





vlcsnap-2016-11-20-16h20m41s24.jpg




「手助けすることもできたが、あえてしなかった。私達の計画を無視して、勝手な行動を取った罰だ。もう、君にはバグヴァイザーは渡さない」(黎斗)





vlcsnap-2016-11-20-16h21m15s95.jpg




「お前が使うのか?レーザーに正体を気づかれたのに?」(グラファイト)



「証拠はない」(黎斗)





vlcsnap-2016-11-20-16h21m35s51.jpg




「まあ落ち着けって、グラファイト。次のゲームが始まるよ」(バラド)





vlcsnap-2016-11-20-18h20m30s232.jpg




灰馬と飛彩がCRのドアから入る時、灰馬が飛彩とのやりとりでショックを受けファイルを落とすが本人は気付かずそのまま進む




vlcsnap-2016-11-20-18h20m43s102.jpg




そのファイルがドアに挟まり、ドアは閉じなくなりで

そこには貴利矢が…




vlcsnap-2016-11-20-18h21m19s211.jpg



「2つの症状を併発してる!?」(永夢)


「永夢、すぐにオペを」(明日那)





vlcsnap-2016-11-20-18h22m00s103.jpg




「オペは俺がやる。研修医は下がっていろ」(飛彩)





vlcsnap-2016-11-20-18h22m05s161.jpg




「あなたには任せられません」(永夢)




vlcsnap-2016-11-20-18h22m19s42.jpg



永夢と飛彩はエグゼイドとブレイブにダブル変身




vlcsnap-2016-11-20-18h30m39s175.jpg



バグスターウイルスが呼応するように発症


「これより、バグスター切除手術を開始する」(飛彩)

「よーし、ノーコンティニューでクリアしてやるぜ!」(永夢)




vlcsnap-2016-11-20-18h32m03s248.jpg



灰馬は病室が壊れちゃうから他で戦えと指示



「じゃあステージチェンジだ!」(永夢)




vlcsnap-2016-11-20-18h32m18s138.jpg




場所を海辺に変えて戦闘




vlcsnap-2016-11-20-18h32m42s128.jpg



バグスターを患者から分離に成功するがガシャットがそれぞれ刺さった2体のバグスターが出現





vlcsnap-2016-11-20-18h35m39s102.jpg





「盗まれた、残り2つのガシャットか」(飛彩)





vlcsnap-2016-11-20-18h35m43s147.jpg
vlcsnap-2016-11-20-18h35m49s213.jpg




「あいつのゲームはギリギリチャンバラ。一発食らっただけで命取りになる、一撃必殺の真剣チャンバラゲームだ。で、あっちが…」(永夢)





vlcsnap-2016-11-21-09h56m20s60.jpg




早速、ゲンム・レベル3が現れた


「手加減はここまでだ」(ゲンム)




vlcsnap-2016-11-21-09h57m11s52.jpg
vlcsnap-2016-11-21-09h57m40s92.jpg


エグゼイドとブレイブもレベル3へチェンジ



vlcsnap-2016-11-21-09h57m56s249.jpg



ブレイブはゲンムと交戦





vlcsnap-2016-11-21-09h58m34s118.jpg



エグゼイドはギリギリチャンバラと交戦


「速すぎて、間合いに入れない!」(永夢)






vlcsnap-2016-11-21-09h59m15s11.jpg



戦闘中、ゲンムが車輪攻撃を仕掛け、ブレイブ、エグゼイドともぎりぎりそれを何とか交わします






vlcsnap-2016-11-21-09h59m50s118.jpg




だがそのわずかな隙にゲンム、2体のバグスターともに姿を消していた





vlcsnap-2016-11-21-10h00m01s219.jpg



「始まったか」(大我)



大我もガシェットを入手しレベル3に成りたいがため、動向を伺っていた模様




vlcsnap-2016-11-21-10h00m13s82.jpg




「すいません。…バグスターに逃げられました」(永夢)





vlcsnap-2016-11-21-10h00m27s226.jpg




「頼むよ!患者にもしもの事があったら君の責任問題だよ!」(灰馬)


「悪いのは黒いエグゼイドだよ!」(ポッピー)


「そう、君のせいじゃない」(灰馬)




vlcsnap-2016-11-21-10h00m34s33.jpg




「あいつの邪魔さえなければ…」(飛彩)


「そう、あいつの邪魔さえなければ」(灰馬)




vlcsnap-2016-11-21-10h00m41s113.jpg



「黒いエグゼイドを倒したいなら、手を貸そうか?」(貴利矢)




vlcsnap-2016-11-21-10h00m59s28.jpg



「どうやって中に入った!」(灰馬)


「誰かさんのおかげでね」(貴利矢)


灰馬に入り口に挟まっていたファイルを渡す






vlcsnap-2016-11-21-10h01m17s214.jpg



「誰か?誰かさんとは誰なん…私だ!」(灰馬)





vlcsnap-2016-11-21-10h01m31s92.jpg



「何なんだ?お前は。何故、首を突っ込んでくる?」(飛彩)


「バグスターの謎を突き止めたいからさ。前にも言ったろ?ゼロデイの時、友達がバグスターの犠牲になったって」(貴利矢9





vlcsnap-2016-11-21-10h01m55s79.jpg




「その話、嘘だって言ってたじゃないですか」(永夢)


「あっ、そうだっけ?」(貴利矢)




vlcsnap-2016-11-21-10h02m03s158.jpg




「また得意の二枚舌か。お前は黒いエグゼイドの正体がグラファイトだと嘘をついた」(飛彩)





vlcsnap-2016-11-21-10h02m16s29.jpg



「それは、あれだよ。真実からあんたらを守ってやるためさ」(貴利矢)





vlcsnap-2016-11-21-10h12m22s204.jpg




「みんな、口車に乗せられちゃダメだよ!」(ポッピー)




vlcsnap-2016-11-21-10h12m42s147.jpg




「お前は信用ならない。バグスターの居所が分かったら連絡しろ。親父」(飛彩)


貴利矢と関わりたくない飛彩はそう言うと灰馬と去っていく





vlcsnap-2016-11-21-10h12m54s248.jpg




「そうだ、患者に問診を…」(永夢)



永夢、明日那の関わりたくないようでこの場から去っていく




vlcsnap-2016-11-21-10h13m28s105.jpg




「調べて欲しい事がある。九条貴利矢の事だ」(飛彩)



灰馬に貴利矢のことを調べるように頼む




vlcsnap-2016-11-21-10h13m53s87.jpg





「お父さん!」(しおり)


「あっ…、しおり」(誉士夫)





vlcsnap-2016-11-21-10h14m01s177.jpg


「何だ、まだいたのか。お前はもう帰れ」(誉士夫)


「何それ…。ずっとうちの仕事手伝ってきた人にそういう言い方する?」(しおり)


「ああ、するよ。お前がここにいたって、何の役にも立たねえんだ」(誉士夫)




vlcsnap-2016-11-21-10h14m26s162.jpg



「落ち着いて下さい!ストレスを溜めると危険です。岡田さんはゲーム病なんです」(永夢)


「ゲーム病?」(しおり)





vlcsnap-2016-11-21-10h14m34s253.jpg





「はい。命に関わる危険な病気です」(永夢)




vlcsnap-2016-11-21-10h14m41s66.jpg



このやり取りを見ていた貴利矢はとある過去を思い出す




vlcsnap-2016-11-21-10h14m44s94.jpg
vlcsnap-2016-11-21-10h14m49s142.jpg
vlcsnap-2016-11-21-10h14m56s216.jpg




「バグスターウイルス感染症。命に関わる病気だ。衛生省からこっそり手に入れた機密資料と、お前の症状が一致してるんだ」(貴利矢)





vlcsnap-2016-11-21-10h15m36s99.jpg
vlcsnap-2016-11-21-10h15m59s79.jpg
vlcsnap-2016-11-21-10h16m18s3.jpg



「嘘だって言ってくれよ…!」(淳吾)


「嘘じゃない…」(貴利矢)



「嫌だよ…。俺、死にたくねえよ!」(淳吾)


「淳吾!」(貴利矢)



vlcsnap-2016-11-21-10h16m22s54.jpg



この様子を思い出した貴利矢は壁を拳で殴る




vlcsnap-2016-11-21-10h16m50s66.jpg
vlcsnap-2016-11-21-10h17m27s183.jpg




「クビだ」(誉士夫)

「えっ?」(しおり)

「聞こえなかったのか?お前はもうクビだ。うちの仕事なんて、もうしなくていい」(誉士夫)


「岡田さん、落ち着いて下さい」(しおり)


「悪いが、これは私と娘の問題だ」(誉士夫)


ここでしおりは出て行ってしまう


「しおりさん!」(永夢)




vlcsnap-2016-11-21-10h17m38s42.jpg



しおりを追いかけようとする永夢を捕まえる貴利矢



「馬鹿正直もここまで来ると呆れるな。ドクターなら、病気の告知には細心の注意を払えよ」(貴利矢)


「え?」(永夢)



vlcsnap-2016-11-21-10h17m55s208.jpg
vlcsnap-2016-11-21-10h18m05s49.jpg



「真実を伝える事が正しいとは限らない。真実が人の人生を狂わせる事だってあるんだよ!」(貴利矢)



どうやら過去で淳吾は亡くなったようですね




vlcsnap-2016-11-21-10h19m18s20.jpg



「貴利矢さん?」(永夢)


「あの子、父親の仕事を手伝ってるって言ってたな?患者のおっちゃん、娘の人生を思ってわざと自分から遠ざけようとしてる」(貴利矢)


「えっ!?」(永夢)





vlcsnap-2016-11-21-10h19m34s174.jpg
vlcsnap-2016-11-21-10h19m43s13.jpg



「バグスターが動き出した!」(明日那)





vlcsnap-2016-11-21-10h20m05s227.jpg




「行くぞ。バグスターはおっちゃんにストレスを与えるために、娘を襲うはずだ」(貴利矢)




その2へ続く



↓↓「にほんブログ村」特撮1部門でもいいのでココをクリックしてね。コメより励みになりますのでよろしく~↓↓




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーエグゼイド
ジャンル : テレビ・ラジオ

2016-11-23 : 仮面ライダーエグゼイド : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ハニー@風見

Author:ハニー@風見
侍戦隊シンケンジャーは私にとって永遠の最高傑作です

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR