仮面ライダー鎧武 第27話「真実を知る時」その1

第27話「真実を知る時」その1



vlcsnap-2014-04-27-10h29m10s206.jpg
vlcsnap-2014-04-27-10h29m18s44.jpg



龍玄の不意打ちをまともに受けてしまった鎧武は変身を解除


紘汰は意識を失い、倒れてしまう



ゆっくりと紘汰に近づき、とどめを刺そうとする龍玄




vlcsnap-2014-04-27-10h29m43s37.jpg




だが龍玄は突然バロンレモンエナジーアームズの攻撃を受ける






vlcsnap-2014-04-27-10h29m57s184.jpg




「何をする!?」(龍玄)


「それはこっちのセリフだ!どうして貴様が葛葉紘汰に牙を剥く!?」(バロン)


「お前には関係ない!」(龍玄)




vlcsnap-2014-04-27-10h30m31s13.jpg





「仲間割れか、確かに俺の知った事ではない」(バロン)



「そいつを放っておけば、あんたの邪魔をし続ける。ここでトドメを刺した方が、あんたの為にもなるはずだ!」(龍玄)





vlcsnap-2014-04-27-10h31m07s119.jpg
vlcsnap-2014-04-27-10h31m19s228.jpg





「この男は邪魔者であっても敵ではない。俺の敵は、強い奴を背中から撃つような奴だ!」(バロン)





バロンは龍玄の卑怯なやり方を非難、圧倒的な力の差を見せつけ龍玄を追い込んでいく






vlcsnap-2014-04-27-10h31m42s197.jpg





勝ち目がないと判断した龍玄は、そのまま逃げ去ることしか出来ず…







vlcsnap-2014-04-27-10h32m12s251.jpg






「どこで誰の恨みを買っているのか、貴様ほどのバカなら気づくこともないんだろうな」(戒斗)







vlcsnap-2014-04-27-10h34m24s35.jpg






鉱汰は目覚めると木の上


恐らくバロンがインベスに襲われないようにそこへ移動したのでしょうね。



下におち腰を打ち付け痛がる鉱汰





vlcsnap-2014-04-27-10h35m57s190.jpg




「ミッチ、紘汰とはもう仲直りした?」(舞)



「…えぇ…。心配かけて、すみません」(光実)






vlcsnap-2014-04-27-10h36m38s93.jpg






「ならいいんだけど。あの時は、いつものミッチらしくないこと言い出したもんだからびっくりしちゃった」(舞)






vlcsnap-2014-04-27-10h36m55s3.jpg





「僕らしい僕って…どんな感じですか?」(光実)


「えっ?」(舞)



「いえ…何でもないです」(光実)





vlcsnap-2014-04-27-10h37m04s97.jpg





「意外だな、自分らしい自分だなんて。ミッチもそんな事気にするんだ?」(舞)



「意外…ですか?」(光実)






vlcsnap-2014-04-27-10h37m25s51.jpg





「うん。ミッチって、もっと何でもわかってる大人っぽい子かと思ってた」(舞)



「フフ…そんな訳ないじゃないですか」(光実)






vlcsnap-2014-04-27-10h38m12s11.jpg




ライダーには珍しく女子らにサービス?貴虎のシャワーシーン



すると古傷らしき傷の痛みに耐える貴虎




ここで凌馬とともに戦極ドライバーの開発に取り組んでいたころのことを思い出します





vlcsnap-2014-04-27-10h38m35s239.jpg




「それでは、試作型ドライバーのテストを開始する。貴虎、準備はいいね?」(凌馬)




「ああ、始めようか」(貴虎)






vlcsnap-2014-04-27-10h38m45s90.jpg




メロン!







vlcsnap-2014-04-27-10h39m08s54.jpg




「限定クラック生成を確認、アーマーパーツ出現します」(研究員)


「脈拍、体温ともに正常値。融合シーケンス、スタンバイ」(研究員)






vlcsnap-2014-04-27-10h39m16s142.jpg







「よし…。融合開始!」(凌馬)






vlcsnap-2014-04-27-10h39m20s177.jpg




変身をしたもののここでトラブル発生


ロックシードのエネルギーが規定値を逸脱したという





vlcsnap-2014-04-27-10h40m42s229.jpg





「ロックシード強制排除!」(凌馬)



「ダメです!信号を受け付けません!」(研究員)





vlcsnap-2014-04-27-10h40m57s122.jpg





凌馬は危険を顧みず、貴虎に近づきドライバーのロックシードを外し、強制的に変身解除させます






vlcsnap-2014-04-27-10h41m18s75.jpg







「貴虎…貴虎!おい、しっかりしろ!しっかりしろ!貴虎!」(凌馬)





vlcsnap-2014-04-27-10h41m40s42.jpg





「(この程度の痛みなど、この先背負う罪に比べれば…)」(貴虎)





すべてはヘルヘイムの侵略から世界を救うために始まったプロジェクトだったが、結局は10億人しか救うことが出来ない。貴虎はほとんどの人間を犠牲にする罪の重さに苦しんでいたのでした





vlcsnap-2014-04-27-10h53m19s124.jpg






「随分、遠くまで来たものだ。だが、ようやく…ゴールが見えてきた」(凌馬)



その頃、凌馬も先ほどのドライバーのテスト後のことを思い出していた






vlcsnap-2014-04-27-10h54m34s99.jpg




貴虎の病室へやってきた凌馬



「仕事はデスクに戻ってからにしたまえ」(凌馬)


「そうも言ってられないんだが…」(貴虎)





vlcsnap-2014-04-27-10h54m58s91.jpg




「昨日、ヘルヘイムの調査隊から奇妙な報告があってね。君が復帰でき次第、判断を仰ぎたい。だから、1日でも早く回復してもらわないと」(凌馬)




「治療に専念しろという事か…」(貴虎)





vlcsnap-2014-04-27-10h56m01s205.jpg





「すまない。僕の研究が不完全なばかりに」(凌馬)






vlcsnap-2014-04-27-10h56m27s209.jpg




「お前の才能が最後の希望だ。俺は、それに賭けている。危険は承知の上だ」(貴虎)



「そこまで身を捧げて世界を救うなら、世界もまた君に捧げられていいはずだ」(凌馬)






vlcsnap-2014-04-27-10h57m00s26.jpg






「貴虎、僕はますます確信しつつある。ヘルヘイムはただの災害じゃない。あの森には、生命の進化の秘密がある。人類を次のステージへ導く、鍵もね。いや、ひょっとしたら神の力に至る道さえも…」(凌馬)





「またお得意の神話起源説か。相変わらずロマンチストだな」(貴虎)





vlcsnap-2014-04-27-10h57m34s113.jpg




「ヘルヘイムがもたらす新たな世界には、新たな秩序と統率が必要だ。そのための強大な力が、いずれは君のものに…!」(凌馬)






vlcsnap-2014-04-27-10h57m47s247.jpg





「それより、まずは量産だ」(貴虎)





vlcsnap-2014-04-27-10h58m01s129.jpg




「だが…!」(凌馬)



「性能よりもコストを優先し、より大量生産が可能な設計にするんだ。1台でも多くのドライバーを造り、1人でも多くの人を救う。それが…それが俺達の使命だろう?」(貴虎)



「僕は、君のためのドライバーを作っているんだぞ?」(凌馬)



「あぁ。俺が人類を救うための、俺の夢を託したドライバーだ」(貴虎)



このころは凌馬は貴虎を中心にことをなそうとしていたんですね…




vlcsnap-2014-04-27-10h58m31s155.jpg
vlcsnap-2014-04-27-10h58m43s31.jpg




凌馬が病室を出ると耀子がいました


「問題の画像データ、解析が完了しました」(耀子)



それは戒斗に渡したオーバーロードの写真






vlcsnap-2014-04-27-10h58m54s132.jpg





「この一件は私の直轄で対処する。上には報告しないでおこう」(凌馬)



「呉島主任には伝えないのですか?」(耀子)






vlcsnap-2014-04-27-10h59m10s44.jpg






「あぁ、よき理解者だと思ってたんだけどね…。以外につまらない奴だったよ」(凌馬)







vlcsnap-2014-04-27-10h59m52s212.jpg




そんなことを思い出していると、貴虎が凌馬のもとを訪れてきた




「珍しいね、こんな所に来るなんて。プロジェクト・アークの進捗はどうだい?」(凌馬)



「順調、だそうだ。各国のユグドラシル支社は第二フェイズに進んでいる」(貴虎)



「そりゃ何より」(凌馬)





vlcsnap-2014-04-27-11h03m43s213.jpg
vlcsnap-2014-04-27-11h04m02s155.jpg




「凌馬。量産型ドライバーの生産台数についてだが。見直せる余地は…」(貴虎)


「ないね!」(凌馬)




凌馬はその可能性はないとにべもなく突き放すのでした







vlcsnap-2014-04-27-11h08m09s47.jpg





改めて一人オーバーロードの捜索を開始した紘汰



ドライバーを腰につけ、森の果実をロックシードに代えて装着



「戦極凌馬の言う通りだ。ロックシードをベルトに付けると、本当に腹が減らない。わざわざ食料なんて持ち込む必要なかったんだな」(鉱汰)





vlcsnap-2014-04-27-11h08m58s32.jpg




鉱汰はヘルヘイムの森を歩いていると、空腹と疲労でフラフラになった凰蓮を発見





「もう~何なのよ、この森!出口はどこへ行っちゃったのよ!?」(鳳蓮)





vlcsnap-2014-04-27-11h09m27s73.jpg
vlcsnap-2014-04-27-11h09m34s148.jpg






凰蓮は木の下に座り込むと、ヘルヘイムの果実を食べようとする







vlcsnap-2014-04-27-11h33m44s208.jpg





「ノン!地獄のサバイバル訓練を思い出すのよ。正体不明の動植物は食料にしちゃダメ!嫌!嫌!もう!あぁ~J'ai faim~」(鳳蓮)






vlcsnap-2014-04-27-11h34m33s29.jpg






「シャルモンのオッサンか」(鉱汰)


「あっ!あんたは水瓶座の!」(鳳蓮)


「あんた、どうやってここに来たんだ?」(鉱汰)


「うるさいわね!大きなお世話よ!」(鳳蓮)




vlcsnap-2014-04-27-11h34m48s177.jpg





「あっ、もしかして…クラックから入ってきて帰れなくなったとか?」(鉱汰)






vlcsnap-2014-04-27-11h35m09s135.jpg






「バカおっしゃい!ワテクシがそんなオマヌケに見えて?」(鳳蓮)





vlcsnap-2014-04-27-11h35m37s157.jpg





「ああ…腹減ったんだね。はい」と鉱汰はおにぎりを差し出します




「こ、これは!白くて麗しの、お…」(鳳蓮)





vlcsnap-2014-04-27-11h35m59s119.jpg





「それは何?ワテクシに新しい契約を結べって事?」(鳳蓮)



「なんでそうなるんだよ?」(鉱汰)




vlcsnap-2014-04-27-11h36m15s23.jpg





「わたくしのような一流の傭兵を、そんなおにぎり1個で雇用しようっての!?あーた、プロフェッショナルの報酬の相場ってもんが分かってないわね。フンッ!」(鳳蓮)




「もう面倒臭いから、俺行くわ」(鉱汰)





vlcsnap-2014-04-27-11h36m28s158.jpg
vlcsnap-2014-04-27-11h36m34s212.jpg





「Juste un moment!」(鳳蓮)




さすがの?凰蓮も空腹に我慢できずで、紘汰に飛び掛るのでした(笑









vlcsnap-2014-04-27-11h39m28s153.jpg
vlcsnap-2014-04-27-11h39m37s250.jpg





ヘルヘイムの森で調査を続けるユグドラシルの調査隊に、オーバーロードのデェムシュが襲いかかってきた

バロンレモンエナジーアームズを倒そうと怒りに燃えるデェムシュは、「アカイヤツハ、ドコダ?」と次々と調査隊をなぎ倒していく







vlcsnap-2014-04-27-11h40m06s29.jpg
vlcsnap-2014-04-27-11h40m16s134.jpg






そこへレデュエが現れる



「オーオ、ジカファンデュフォジャ、デョブリ」(レデュエ)



「シュジュデェンガシュ、ジョイフ!シャバリュデュ!ルウム!」(デェムシュ)



「グロンビリェブリョ、デョミョロシュオ」(レデュエ)


オーバーロード語ですが、解読のほうされてて文字照らし合わせたのですが、

レデュエが戦わない人間に手を出すなと諭すのですが、傷をつけられたのが屈辱だそうで殺すといきまくデェシュム

ロシュオ様にばれるぞと



ロシュオという名前のオーバーロードの名が出てきましたが、デェシュムらより上位の存在のようですね。




vlcsnap-2014-04-27-11h40m43s139.jpg
vlcsnap-2014-04-27-11h40m54s247.jpg





「シャビリェロ」(レデュム)

これは?という意味



レデュエは倒れているユグドラの警護員の持っていた量産型ドライバーを手に取り…





vlcsnap-2014-04-27-11h41m06s119.jpg




場面は戻り量産型ドライバーの生産数を増やせないものか?その可能性はない!の続き




「たとえ生産ラインを増やしたとしても、原材料のレアメタルの埋蔵量には限度があるからね」(凌馬)





vlcsnap-2014-04-27-11h41m22s24.jpg





そこへ調査班からの緊急連絡が入る



「ヘルヘイムの調査班よりエマージェンシーコール。1名の生命反応が消失しました!」


「現地の護衛部隊は?」(貴虎)


「現在急行中です!」


「よし、私も向かう」(貴虎)





vlcsnap-2014-04-27-11h41m49s35.jpg



貴虎が退出するとシドと耀子が入ってきます



「一体、何の騒ぎだろうな?」(シド)



「まさか、オーバーロード…?」(耀子)





その2へ続く




↓↓「にほんブログ村」特撮1部門でもいいのでココをクリックしてね。コメより励みになりますのでよろしく~↓↓




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーガイム 鎧武
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014-04-30 : 仮面ライダー鎧武 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ハニー@風見

Author:ハニー@風見
侍戦隊シンケンジャーは私にとって永遠の最高傑作です

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR