烈車戦隊トッキュウジャー 第6駅「探し物はなんですか」その1

 第6駅「探し物はなんですか」その1




vlcsnap-2014-03-23-16h30m49s177.jpg




ライトが目撃したという、行方不明になっているサポート烈車を探すことに



ところが、ライトの記憶はあやふや、食べ物に夢中でよく覚えていなかった




vlcsnap-2014-03-23-16h32m21s74.jpg




ヒカリはけん玉のひもを木の枝にむすび、目印にします






vlcsnap-2014-03-23-16h32m31s182.jpg





そんなトッキュウジャーの背後にはクローズが…








vlcsnap-2014-03-23-16h32m53s131.jpg





「うん?なんか見覚えあるぞ?」






vlcsnap-2014-03-23-16h33m58s34.jpg
vlcsnap-2014-03-23-16h34m07s112.jpg





なんと目の前にはヒカリがつけた目印が!




「もう!しっかりしてよライト。全然覚えてないじゃない!」





vlcsnap-2014-03-23-16h34m26s42.jpg





「なんだか、陰のリーダーって感じ!」





「陰って…。俺、ヒカリだし!」




「リーダーか…。そういえばちゃんと決めてなかったけど、番号からいってライトがリーダーだよね」





vlcsnap-2014-03-23-16h35m30s186.jpg






「えっ?いいよ。そうゆうの」







vlcsnap-2014-03-23-16h35m48s105.jpg






「ダメダメ!グループ活動にはリーダーが必要なんだから!」






「じゃあ、トカッチやれば!」





vlcsnap-2014-03-23-16h36m01s231.jpg






「へっ…!?ダメだよ!2号なんだし」




「番号は関係ないと思う」




「トカッチでいいと思う」


「だよね」





vlcsnap-2014-03-23-16h36m59s42.jpg




「僕が…トッキュウジャーのリーダー…!」






vlcsnap-2014-03-23-16h37m16s217.jpg





「まあ、無理に決めることないけどね」






vlcsnap-2014-03-23-16h37m37s171.jpg





「(考えたこともなかった…。今まで日直しかやったことない僕がトッキュウジャーのリーダーになるなんて…。でもこんなにみんなが賛成してくれるなら…)」






vlcsnap-2014-03-23-16h37m50s39.jpg





「(やろう!!トッキュウジャーのリーダー!)」





vlcsnap-2014-03-23-16h38m10s247.jpg





「さあみんな!元気を出して、もう一度列車を探そう!!」




うれしさのあまり張り切っちゃうトカッチ







vlcsnap-2014-03-23-16h38m26s143.jpg






「ちょっと待った。その前に片付けることが一つある。そこに隠れてる奴ら!俺たちに何の用?」







vlcsnap-2014-03-23-16h38m54s166.jpg





ライトに見破られたことにより、シャドーラインの幹部・シュバルツ将軍が姿を現す


「気づいたか。ハハハ…」






vlcsnap-2014-03-23-16h39m15s128.jpg





「お前はこないだの…!」



「シュバルツ」







vlcsnap-2014-03-23-16h39m34s60.jpg





「このシュバルツ。列車の軍団を作りあげるのが夢でな。サポート列車とやらをぜひ我が軍団に迎え入れたい」(シュバルツ)





vlcsnap-2014-03-23-16h39m42s142.jpg




「なんだと…!?それで後をつけてたのか」







vlcsnap-2014-03-23-16h40m10s163.jpg
vlcsnap-2014-03-23-16h40m32s123.jpg





以前現れたとき、散りばめた盗聴器入り花びらを、列車につけていたので、すべてライトらの話は筒抜けだった



車掌さんらは掃除中、その花びらを発見





vlcsnap-2014-03-23-16h41m01s167.jpg





「だが、我々の尾行に気づき、同じ場所を歩き回っていたことは褒めてやる」(シュバルツ)



勘違いしているシュバルツ






vlcsnap-2014-03-23-16h41m35s246.jpg




「…その通り。お前たちにサポート列車を渡さないための作戦だ!」





えぇー!?






vlcsnap-2014-03-23-16h42m12s91.jpg





「ライト凄い!」




ナイナイとやっているミオとヒカリ





vlcsnap-2014-03-23-16h42m54s8.jpg





5人はトッキュウチェンジ!






vlcsnap-2014-03-23-17h07m06s195.jpg






『勝利のイマジネーション! 烈車戦隊トッキュウジャー!』







vlcsnap-2014-03-23-17h07m24s102.jpg





クローズを制止し、自分ひとりでいくという仕草をするシュバルツは剣を納刀した状態で剣の柄を持ちます



抜刀術的な感じか






vlcsnap-2014-03-23-17h07m34s213.jpg




ライトら5人はシュバルツに攻撃していくが、それが目にもとまらぬ速さですべて避けられ、さらに目にもとまらぬ速さで切り裂かれた!




シュバルツ、つよっ!




vlcsnap-2014-03-23-17h09m33s131.jpg




さらに一息も入れる暇も与えず、瞬く間に5人を圧倒






vlcsnap-2014-03-23-17h11m03s9.jpg
vlcsnap-2014-03-23-17h11m17s145.jpg




変身解除し吹っ飛ばされたライトに剣を突きつけるシュバルツ



シュバルツは、ライトにサポート烈車の元に案内しろと強要します




vlcsnap-2014-03-23-17h11m43s144.jpg
vlcsnap-2014-03-23-17h11m57s30.jpg




リーダーとしてみんなを守らなきゃとトカッチは、ライトを助けようとシュバルツを攻撃


だが片手で銃撃を止めてしまうシュバルツ





vlcsnap-2014-03-23-17h12m37s177.jpg






「素人だな。だがその度胸だけは褒めてやる」(シュバルツ)



シュバルツに圧倒されるトカッチ






vlcsnap-2014-03-23-17h12m48s39.jpg




そしてトカッチはシュバルツに捕えられてしまう




「動くな。自分では思い出せなくても、仲間の命がかかれば話は別だ」






vlcsnap-2014-03-23-17h13m13s26.jpg





「待て…。思い出した」







vlcsnap-2014-03-23-17h13m16s53.jpg





「ダメだ!!」




「では案内してもらおうか」(シュバルツ)






vlcsnap-2014-03-23-17h14m02s255.jpg





ライトはシュバルツを覚えていないサポート烈車の元に案内しようとします



トカッチは拘束された状態で後に続きます





vlcsnap-2014-03-23-17h14m28s1.jpg






「シュバルツの奴、完全にライトがサポート列車の場所知ってるって思ってる」



「えっ?そうなんでしょ?シャドーがついてきてるから、わざと道間違えただけで?」





vlcsnap-2014-03-23-17h15m01s84.jpg




「あれは本気で覚えてないよ」



「えっ…?」



「でも、そのおかげで時間が稼げてるともいえる。ただ、ばれたらその瞬間で終わりだけど…」





「そんな…」




「その前に手を考えなきゃ…」









vlcsnap-2014-03-26-09h44m12s146.jpg




トカッチは連行されている時、期待に応えるどころかリーダーとしての仕事を何一つできなかったと悔やんでいた







vlcsnap-2014-03-26-09h45m08s207.jpg






「あぁ!なんて情けないんだ。仲間を守るどころか、足を引っ張るしかできない情けないリーダーだ!いや、リーダーの資格なんかない。情けない…なんて情けない…」







vlcsnap-2014-03-26-09h45m37s230.jpg





「そうか…。あの話続いてたんだ」





vlcsnap-2014-03-26-09h46m25s204.jpg




リーダーとやらを黙らせろとシュバルツはクローズに命令


トカッチは痛めつけられます



vlcsnap-2014-03-26-09h47m37s150.jpg





「それ以上やるならサポート列車の場所は教えない」



「そんな脅しを言える立場かどうか考えたらいい」(シュバルツ)




「考える余裕がない」




「トッキュウ1号は案外小さいな。この程度でそこまで追い詰められるとは
」(シュバルツ)






vlcsnap-2014-03-26-09h47m54s71.jpg




「違う!ここに余裕がないのはお前に1発やり返すイメージでいっぱいだからだ!」






vlcsnap-2014-03-26-09h48m20s70.jpg





「フフ…。そうゆうはったりは嫌いではない」(シュバルツ)






vlcsnap-2014-03-26-09h48m52s133.jpg





「(またライトに助けられた…。恥ずかしい…)」






vlcsnap-2014-03-26-09h49m46s159.jpg
vlcsnap-2014-03-26-09h49m56s17.jpg





「私達が先にサポート列車を見つける?」



「それしか手はない」




「でも、この山結構大きいよ?」




「手がかりはあの時のライトにある」






その2へ続く


↓↓「にほんブログ村」特撮1部門でもいいのでココをクリックしてね。コメより励みになりますのでよろしく~↓↓




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 烈車戦隊トッキュウジャー
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014-03-28 : 烈車戦隊トッキュウジャー : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ハニー@風見

Author:ハニー@風見
侍戦隊シンケンジャーは私にとって永遠の最高傑作です

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR