獣電戦隊キョウリュウジャー第30話「てにいれろ!ガーディアンズのかけら」その2

30話の2回目の記事行きます


第30話「てにいれろ!ガーディアンズのかけら」その2





vlcsnap-2013-09-25-10h31m25s55.jpg





クエストスタート!!







vlcsnap-2013-09-25-10h31m53s90.jpg




早々にソウジとアミィは何者かに1個づつ撃たれてしまいます



「やばい。後2回当たっちゃったラ負け?」




vlcsnap-2013-09-25-10h32m20s100.jpg



「あいつ…」



なんと光彦の銃撃だったのだ



「僕はいつも日本中のサバイバルコースを貸しきって、このクエストをやってるんだ。勝ち目はないよ!!」(光彦)








vlcsnap-2013-09-25-10h32m35s6.jpg




「ほんとに恰好悪いよ、あいつ…アミィさん、ここは俺に任せて、宝箱を探して」






vlcsnap-2013-09-25-10h32m55s196.jpg




「空蝉丸ちゃ~ん、へへへ…あ・そ・ぼ!!」(ドゴルド)






vlcsnap-2013-09-25-10h33m30s41.jpg





空蝉丸はゴールドに変身し、ドゴルドと交戦します






vlcsnap-2013-09-25-10h34m16s240.jpg




そんな隙をついて秘石をゲットするぞとラッキューロだが、彼の目に入ったのがクエストを楽しそうにやっている人達






vlcsnap-2013-09-25-10h34m45s17.jpg





「わぁ、ものすごい面白そう!」と言い、そちらに向かっていくラッキューロ








vlcsnap-2013-09-25-10h36m04s42.jpg





その頃、ダイゴもクエストを楽しんでいました


次々と銃で相手のポイントを奪うダイゴ





vlcsnap-2013-09-25-10h36m27s16.jpg




「快感!」


ダイゴは宝箱をゲットし満足そう





vlcsnap-2013-09-25-10h36m31s58.jpg






「俺も見つけたぜ。キング」







vlcsnap-2013-09-25-10h36m40s148.jpg





「よし!ワンツーフィニッシュだな…まっ…俺がワンだけど」







vlcsnap-2013-09-25-10h37m19s22.jpg




ダイゴとイアンは本気で競争し始めちゃいます






vlcsnap-2013-09-25-10h37m31s143.jpg





それを見ていたノブハル



「子供か?もう!」







vlcsnap-2013-09-25-10h37m40s228.jpg





ゴールに1番に飛び込んだのはダイゴ


2番がイアンでした






vlcsnap-2013-09-25-10h37m54s117.jpg



宝箱をあけるとダイゴが200点、イアンが190点という紙がでてきました





vlcsnap-2013-09-25-10h38m06s240.jpg




1位はダイヤモンド


2位は箱根の別荘





vlcsnap-2013-09-25-10h38m27s196.jpg
vlcsnap-2013-09-25-10h38m31s239.jpg





秘石は3位…





vlcsnap-2013-09-25-10h38m56s226.jpg




「みんな気をつけろ!3位の箱を探さねぇと秘石は手に入らねぇぞ」とダイゴは仲間に連絡








vlcsnap-2013-09-25-10h44m54s221.jpg





その連絡を聞いているソウジは隙をつかれて光彦に銃を当てられ、残り1点




「そんな大事なことを黙っていたのか?」






vlcsnap-2013-09-25-10h45m15s181.jpg





「あぁ、そうさ!しかも僕はすべての箱の場所と点数、あらかじめ知っている。これが3位。180点の箱だ」(光彦)





vlcsnap-2013-09-25-10h45m26s27.jpg






「どうやっても僕が勝つようになってるんだ!世界の中心に立つ男のパーティだからね」(光彦)



ガードマンが立ちはだかります






vlcsnap-2013-09-25-10h45m43s195.jpg





「これでアミィさんは僕の物だ。やれ!」(光彦)




ガードマンらに攻撃されるソウジだが、落ちていた棒切れを拾い次々とガードマンを蹴散らし、光彦の銃を叩き落し、光彦の首に棒切れを寸止めで構えます





vlcsnap-2013-09-25-10h46m27s123.jpg





「まだわからないのか?アンタ!そんなだからアミィさんに好かれないんだ!!」






vlcsnap-2013-09-25-10h46m32s182.jpg



「えっ…?」(光彦)




vlcsnap-2013-09-25-10h46m42s26.jpg



 「何が世界の中心だ!屋敷も、賞品も、ガードマンも、何一つあんた自身の力じゃないじゃないか!」






vlcsnap-2013-09-25-10h46m52s127.jpg





 
 「正々堂々と勝負しよう」




そういうと光彦に銃を手渡すソウジ






vlcsnap-2013-09-25-14h49m05s46.jpg





「お断りだ!!」(光彦)



光彦はソウジを撃ち、ソウジのポイントが0になり、失格





vlcsnap-2013-09-25-14h49m39s129.jpg





「貴様…」






vlcsnap-2013-09-25-14h49m47s203.jpg






「ハハハ…!どうだい?甘いのはどっちだ!」(光彦)






vlcsnap-2013-09-25-14h49m58s54.jpg





だが、そこへザイホドローンが現れた!







vlcsnap-2013-09-25-14h50m37s189.jpg





その頃、ラッキューロは遊びに夢中






vlcsnap-2013-09-25-14h51m02s181.jpg





ドゴルドはゴールドを圧倒していた







vlcsnap-2013-09-25-14h51m13s44.jpg




こへミニティラが駆けつけ加勢します



だが、ミニティラは空蝉丸に頼まれダイゴ達に知らせにこの場を離れます






vlcsnap-2013-09-25-14h51m53s185.jpg
vlcsnap-2013-09-25-14h51m59s244.jpg





ザイホドローンの攻撃にびびったガードマン達は、ここで光彦を残し逃げ出します



「おい、待てよ!僕はお前らの主だぞ!」(光彦)






vlcsnap-2013-09-25-14h52m37s111.jpg





光彦にザイホドローンは武器を振り上げ、下します



それをすんでのところでソウジが受け止める!




vlcsnap-2013-09-25-14h52m51s251.jpg




「お前…何故僕を?」(光彦)




「助ける人を好き嫌いでえらぶほど俺は子どもじゃない」






vlcsnap-2013-09-25-14h53m17s1.jpg





「人を守るために戦う!それが俺たち、キョウリュウジャーだ!」







vlcsnap-2013-09-25-14h53m25s86.jpg




そこへアミィも駆けつけてきました






vlcsnap-2013-09-25-14h53m35s180.jpg




「荒れるわよー!」







vlcsnap-2013-09-25-14h53m50s73.jpg
vlcsnap-2013-09-25-14h54m02s196.jpg



アミィとソウジは光彦の見ている前でキョウリュウチェンジ!






vlcsnap-2013-09-25-14h54m10s15.jpg




アミィがザイホドローンにキックを放ってきたとき、ザイホドローンに過去の記憶がよみがえる


「そうだ!石版だ!」(ザイホドローン)



だが石版は無く…当然まともに攻撃を受けてしまいます





vlcsnap-2013-09-25-14h54m44s97.jpg






ザイホドローンを2人で攻撃し、光彦のいる場所から遠ざけていきます





vlcsnap-2013-09-25-14h54m59s248.jpg




「逃げて光彦君!」




「待って!アミィさん!」(光彦)




何故かアミィを呼び止める光彦だった





その3へ続く




↓↓「にほんブログ村」特撮1部門でもいいのでココをクリックしてね。コメより励みになりますのでよろしく~↓↓




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : 獣電戦隊キョウリュウジャー
ジャンル : テレビ・ラジオ

2013-09-28 : 獣電戦隊キョウリュウジャー : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ハニー@風見

Author:ハニー@風見
侍戦隊シンケンジャーは私にとって永遠の最高傑作です

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR