仮面ライダーウィザード第48話「賢者の石」その2

第48話の2回目の記事行きます



第48話「賢者の石」その2


vlcsnap-2013-08-21-15h23m21s232.jpg
vlcsnap-2013-08-21-15h23m29s69.jpg




晴人がやってきたのは、ソラが住んでいたアパート



(奴に会って何しようってんだ…)





vlcsnap-2013-08-21-15h23m36s133.jpg





「ハロ~。さっきはどうも。ちょうどよかった、僕も君と話がしたかったんだ」(ソラ)




vlcsnap-2013-08-21-15h23m57s89.jpg




「えっ…」(晴人)






vlcsnap-2013-08-21-15h24m00s126.jpg





「でっ、君の話は?」(ソラ)






vlcsnap-2013-08-21-15h24m05s170.jpg





「お前なら笛木の居場所を知ってると思ってな」(晴人9



「あぁ…なるほどねぇ~。だったら、僕の人質になってよ」(ソラ)



「人質?」(晴人)





vlcsnap-2013-08-21-15h24m33s188.jpg



「魔法使いが僕の手にあれば、きっとワイズマンの方から出てきてくれる」(ソラ)



「だから、さっき真由ちゃんを?」(晴人)


「あぁ。僕の欲しいものと交換してもらおうと思って」(ソラ)







vlcsnap-2013-08-21-15h24m42s25.jpg





「僕はね、どうしてもコヨミちゃんが欲しいんだ」(ソラ)







vlcsnap-2013-08-21-15h24m46s69.jpg





「ふざけんな」(晴人)







vlcsnap-2013-08-21-15h25m00s204.jpg




ここで凜子が現れる



「どうしてここに?」(晴人)


「ここに来る晴人君を途中で見かけたの」(凜子)






vlcsnap-2013-08-21-15h25m17s122.jpg
vlcsnap-2013-08-21-15h25m21s158.jpg





「戻ってたのね」(凜子)



「交渉決裂って訳か」(ソラ)





vlcsnap-2013-08-21-15h25m26s212.jpg





「けど、頼ってくれて嬉しかったよ。似たもの同士の晴人君」(ソラ)




ソラはそういうと、どこかへ行ってしまいます







vlcsnap-2013-08-21-15h26m02s51.jpg



その頃、コヨミは起き上がり、寝ていた部屋を出て下の階へ







vlcsnap-2013-08-21-15h26m24s21.jpg



「どうして滝川空と?」(凜子)


「奴の言った通りさ。頼ろうとしたんだ、奴を」(晴人)





vlcsnap-2013-08-21-15h26m47s251.jpg




「馬鹿だろ?でも、どんなに探しても笛木の手がかりは見つからない。コヨミも助け出せない。他に何も思いつかなくて。魔法使いのくせに、肝心な時に何も出来ないなんて…最後の希望が聞いて呆れるよ」(晴人)




「晴人君…」(凜子)






vlcsnap-2013-08-21-15h27m22s95.jpg





ここで凜子に連絡が入ります






vlcsnap-2013-08-21-15h27m43s42.jpg





「晴人君。希望なら、まだあるわ」(凜子)








vlcsnap-2013-08-21-15h31m14s108.jpg
vlcsnap-2013-08-21-15h31m17s142.jpg





下の階へ降りたコヨミは描かれた魔法陣を目にします



「これは…?」(コヨミ)







vlcsnap-2013-08-21-15h31m37s87.jpg




凜子への連絡は木崎の意識が戻ったとのことだった


早速病院へ急行した凜子と晴人



「良かったです。木崎さんの意識が戻って」(凜子)

「本当に大丈夫なのか?」(晴人)


「あぁ。が、本当は俺の心配より、笛木のことが聞きたくて来たんじゃないか?」(木崎)





vlcsnap-2013-08-21-15h31m45s164.jpg





「じゃあ、お前はやっぱり笛木の素性を?」(晴人)





vlcsnap-2013-08-21-15h31m51s220.jpg






「あぁ。俺はそのせいで奴に襲われたんだ」(木崎)






vlcsnap-2013-08-21-15h32m01s69.jpg



場面はコヨミへ



机の上にある写真を見ると笛木とコヨミが並んで写っていた



「どういう事?」(コヨミ)






vlcsnap-2013-08-21-15h32m33s122.jpg
vlcsnap-2013-08-21-15h32m39s190.jpg




さらにコヨミは机においてある笛木の日記を読む






vlcsnap-2013-08-21-15h36m06s206.jpg




「奴の名は、笛木奏。物理学者だ」(木崎)

「物理学者?」(凜子)


「ああ。その道では有名な男だ。医学や化学にも精通し、多方面で才能を発揮していたらしい」(木崎)


「家族は?」(晴人)


「妻が居たが、早くに亡くしている。そして、娘が1人」(木崎)





vlcsnap-2013-08-21-15h36m30s196.jpg


木崎が話している内容とコヨミの読む日記がほぼ同じ内容で進みます


日記を読むコヨミ


「娘の暦は私の生き甲斐であり、私の希望だ。彼女が不治の病だと発覚してから、私はありとあらゆる方法を使って治療に務めてきた」(日記の笛木)




vlcsnap-2013-08-21-15h36m52s156.jpg




「私が、笛木の娘…」(コヨミ)





vlcsnap-2013-08-21-15h38m29s104.jpg



『お父さん…』



『コヨミ!…コヨミ!目を覚ましてくれ!コヨミ!』





vlcsnap-2013-08-21-15h38m44s250.jpg




「だが、その甲斐もなく暦はこの世を去った。私は生きる希望を失い、絶望の淵へと叩き落とされた」(日記の笛木)






vlcsnap-2013-08-21-15h39m04s194.jpg





笛木の日記を読み、すべての事実を知ってしまったコヨミは愕然とし…





vlcsnap-2013-08-21-15h39m15s36.jpg




木崎から事実を聞いた晴人も驚きを隠せない




「そんな馬鹿な」(晴人)






vlcsnap-2013-08-21-15h39m24s139.jpg
vlcsnap-2013-08-21-15h40m08s68.jpg





「…じゃ、私は一体…」(コヨミ)



その残酷な現実にコヨミは激しく動揺する



そんなコヨミを目のあたりにする笛木






vlcsnap-2013-08-21-15h40m50s228.jpg





「じゃあ、私達と一緒にいるコヨミちゃんは一体?」(凜子)


「彼女がすべての謎を解く鍵だ。それから、これを」(木崎)




木崎は手帳を破き、凜子に渡します





vlcsnap-2013-08-21-15h41m29s109.jpg





「笛木の家だ」(木崎)



「えっ?」(凜子)





vlcsnap-2013-08-21-15h41m33s156.jpg





「認めたくはないが、魔法使いに太刀打ちできるのは魔法使いだけだ。託せるのはお前しかいない」(木崎)





vlcsnap-2013-08-21-15h42m25s158.jpg





早速、晴人は笛木の家に向かうため、病室を後にしようとする



「待って!私も行く」(凜子)


「いや、俺1人で行く。あいつとサシで話がしたい」(晴人)




こうして晴人は1人で笛木のもとへ向かいます





その3へ続く




↓↓「にほんブログ村」特撮1部門でもいいのでココをクリックしてね。コメより励みになりますのでよろしく~↓↓




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーウィザード
ジャンル : テレビ・ラジオ

2013-08-24 : 仮面ライダーウィザード : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ハニー@風見

Author:ハニー@風見
侍戦隊シンケンジャーは私にとって永遠の最高傑作です

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR