仮面ライダーウィザード第35話「空の向こう側」その1

第35話「空の向こう側」その1


vlcsnap-2013-05-12-12h34m12s65.jpg



ファントム、アルゴスに襲われた人気モデルの千明を身を挺して守ったソラ


そのまま湖に落ちたソラをウィザードは自ら湖に飛び込んで救出Ⅱ行きます






vlcsnap-2013-05-12-12h35m10s148.jpg




救出されたソラは目を覚まします





vlcsnap-2013-05-12-12h35m30s94.jpg


「君が僕を?」(ソラ)



ここでソラは帽子がないことに気づき、慌てふためいて僕の帽子と廻りを見わたします




「いいのかい?ファントムなんか助けちゃって?」(ソラ)





vlcsnap-2013-05-12-12h35m43s227.jpg




「分かんねえよ、俺にも。何となく放っておけなかっただけだ」(晴人)



ソラが本当に人間の心を持ったままなら…ということで助けちゃったんだろうな







vlcsnap-2013-05-12-12h36m15s29.jpg



グレムリンがゲートを守ったことをミサに報告するアルゴス


「あれも作戦のうちとか言うんじゃねえだろうな?」(アルゴス)


「グレムリンの事は気にしなくていい。あなたは予定通りゲートを絶望させて」(ミサ)






vlcsnap-2013-05-12-12h36m33s209.jpg






「何を考えている?」(ミサ)




ファントム側でもやはり不可解な行動なんですね。






vlcsnap-2013-05-12-12h38m52s66.jpg



「何で俺がお前の帽子を…」と帽子探しを手伝わされる晴人



「まあ、これも何かの縁って事で」(ソラ)


「じゃあ手伝う代わりに教えてもらおうか。ファントムを増やしてどうする気だ?世界征服でも企んでんのか?」(晴人)







vlcsnap-2013-05-12-12h39m18s76.jpg




「もう一度、サバトを開く。日食の日にしか起こせないサバトを、ファントムの魔力を集めて無理やり開くのさ」(ソラ)







vlcsnap-2013-05-12-12h39m53s164.jpg



「あんな儀式…二度と起こさせてたまるか!」(晴人)


「ちょっと、急に熱くならないでよ」(ソラ)


「ふざけんな!もう絶対に俺やコヨミみたいな犠牲者は…!」(晴人)



「コヨミ?そうか、もう1人いたね。人間でもファントムでもない、魔力で動くお人形さん」(ソラ)



「コヨミは人形じゃない、人間だ!コヨミはファントムを生んで、抜け殻になったゲートなんだ」(晴人)




vlcsnap-2013-05-12-12h40m33s50.jpg





「それは変だね。ファントムを生み出して、身体が残るなんて有り得ないよ!」(ソラ)



だとしたら、コヨミは…?



vlcsnap-2013-05-12-12h43m07s52.jpg


当のコヨミは晴人を心配しています


「どこにいるの?晴人…」(コヨミ)






vlcsnap-2013-05-12-12h43m37s94.jpg




危険を顧みず、仕事を再開したがる千明


そこで仁藤がキレる



「そこまでして人気が欲しいのかよ!?」(仁藤)





vlcsnap-2013-05-12-12h43m48s210.jpg





「人気なんてどうだっていい!」(千明)




どうやら千明は人気のために仕事をしてるんじゃないようですね。






vlcsnap-2013-05-12-12h44m41s234.jpg




結局帽子は見つからず、去ろうとするソラに「待てよ」と声をかける晴人


「助けてくれたお礼は、色々教えてあげた事でチャラにしといてよ」(ソラ)

「これからもファントムとして、人を襲うのか?」(晴人)




vlcsnap-2013-05-12-12h45m23s137.jpg



「だから、ファントムじゃないってば。僕はソラ、今も昔も、そしてこれからもね」(ソラ)



「答えになってない!」(晴人)





vlcsnap-2013-05-12-12h45m35s1.jpg




「はっきりしてるのは、僕は君と同じように人の心を持ってる。それだけさ。楽しかったよ。じゃあね!」(ソラ)





vlcsnap-2013-05-12-12h45m46s118.jpg





その夜、ソラはビルの屋上で真剣な表情を見せ、街を見つめていた








vlcsnap-2013-05-12-12h48m20s114.jpg






危険を顧みず仕事を続ける千明の前にアルゴスが現れた




千明を助けようとしたマネージャーは吹っ飛ばされます





vlcsnap-2013-05-12-12h50m22s59.jpg




ここで仁藤、瞬平が入ってくる



「お前、しつこいんだよ」(仁藤)


「お前こそ俺の邪魔をする気か!?」(アルゴス)


「魔法使いはファントムの邪魔をするのが仕事なんだよ。乗らない仕事だからこれで終わりにしてえ」(仁藤)







vlcsnap-2013-05-12-12h50m42s248.jpg





仁藤はビーストに変身






vlcsnap-2013-05-12-12h50m50s76.jpg





「じゃあ、仕事の時間だ!」(ビースト)



今回はランチタイムじゃなく、割り切ってるんですね~






vlcsnap-2013-05-12-12h51m21s126.jpg
vlcsnap-2013-05-12-12h51m51s168.jpg





アルゴスと交戦するビースト


途中、千明に隠れていろと指示します





vlcsnap-2013-05-12-12h52m39s143.jpg




ドルフィマントを装着






vlcsnap-2013-05-12-12h52m56s48.jpg




セイバーストライクの目は3


3匹のドルフィの攻撃がアルゴスに決まります






vlcsnap-2013-05-12-12h53m52s103.jpg
vlcsnap-2013-05-12-12h53m59s171.jpg





どこから現れたのかソラが千明の背後に



「何してるの?今のうちに!」(ソラ)




ソラが千明の手をとって逃げ去ってしまうのを見たビーストは慌ててソラを止めようとするも





vlcsnap-2013-05-12-12h54m34s6.jpg





隙をつかれアルゴスの攻撃を受けてしまう







vlcsnap-2013-05-12-12h54m59s3.jpg





倒れながらもグリフォンに千明らを追跡させる







vlcsnap-2013-05-12-13h00m54s230.jpg




ソラのことが気になる晴人は、一人ソラが暮らすアパートへ







vlcsnap-2013-05-12-13h01m09s105.jpg




「ありがとうございます、2度も助けてもらって。でも、どうして私を?」(千明)






この2人、知り合いじゃないんですね。
先週の段階では以前美容師だったソラのお客さんだと思いましたが…





vlcsnap-2013-05-12-13h01m18s218.jpg





「襲われてる女の子を助けるのに、深い理由はないでしょ?」(ソラ)






vlcsnap-2013-05-12-13h01m32s97.jpg




「あぁ、素敵な髪がこんなに乱れちゃって。僕が綺麗にしてあげる」(ソラ)


「えっ…?」(千明)





vlcsnap-2013-05-12-13h01m40s180.jpg




「任せてよ。これでも僕、美容師なんだ」(ソラ)








vlcsnap-2013-05-12-13h01m53s55.jpg



ソラの部屋に入った晴人


「普通に生活してるみたいな雰囲気だな」(晴人)




vlcsnap-2013-05-12-13h02m28s131.jpg




生活感あふれるその部屋に、改めてソラが人間の心を持っているのでは、と考える晴人






vlcsnap-2013-05-12-13h02m39s1.jpg



そこへ凛子から晴人へ電話が入る



「晴人君、すぐゼロ課まで来れる?至急、話したい事があるの」(凜子)







vlcsnap-2013-05-12-13h03m12s69.jpg




「あのわがまま娘が無理に仕事なんかするからこんな羽目になるんだよ。なあ?」(仁藤)


「すいません。でも、彼女が仕事にこだわるのには訳があって…」(マネージャー)




ここでグリフォンが千明に居所を見つけ戻ってきた







vlcsnap-2013-05-12-13h05m37s242.jpg




そのころ千明は目隠しされ美容師であるソラのサロンに連れてこられていた



「はぁ~い、到着。ようこそ、僕のサロンへ」(ソラ)





vlcsnap-2013-05-12-13h05m44s55.jpg






「素敵…」(千明)



なんか、閉鎖的で薄気味悪い感じするけど…





vlcsnap-2013-05-12-13h06m04s250.jpg





「素敵なのは君の方さ。その白い服、いいね。黒髪がすっごく映えるよ」(ソラ)






vlcsnap-2013-05-12-13h06m29s251.jpg





「これ、死んだお母さんの形見なんです」(千明)


「形見?」(ソラ)


「この服を見れば…気付いてくれるかも知れない…」(千明)






vlcsnap-2013-05-12-13h06m51s216.jpg




その頃、仁藤は千明の居場所に向かっていた


「千明ちゃんがモデルになったのは、父親に会いたいからなんです。自分が有名になれば、会えるかも知れないと思って…。だから、あんなに仕事を…」というマネージャーの言葉を思い出していた




千明がしゃにむに仕事を入れていたのは人気を獲得するためではなく、有名になって行方不明の父に気付いてもらうためだったのでした






vlcsnap-2013-05-12-13h07m27s64.jpg





「お父さん、お母さんが大好きだったから。お母さんが死んじゃった時、すっかり元気をなくしちゃって。私を置いて…居なくなっちゃったんです」(千明)


「似たような思い出、僕もあるよ」(ソラ)


「えっ…?」(千明)






vlcsnap-2013-05-12-13h07m45s247.jpg
vlcsnap-2013-05-12-13h07m56s97.jpg




「滝川空が担当してたお客さんが、行方不明になっているの」(千明)

「その全員が長い黒髪で、失踪当日は白い服を着ていたという情報だ」(木崎)


「これ…全員…」(晴人)







vlcsnap-2013-05-12-13h08m32s202.jpg




「しかも、これは日食より前。つまり、滝川空がファントムになる前から起こっている」(木崎)


「まさか、奴はファントムになる前から人を襲ってたって事か?」(晴人)



『君は、誰にもやらせないよ』とソラが千明を守ったとき、そういえば千明は黒髪に白い服でした



「じゃあ奴がゲートを守ったのは、自分の手で彼女を!」(晴人)


千明を守ったのも、自らの手で千明を亡き者にするためだった!






vlcsnap-2013-05-12-13h08m57s199.jpg






そこへ仁藤から連絡が入る





その2へ続く





↓↓「にほんブログ村」特撮1部門でもいいのでココをクリックしてね。コメより励みになりますのでよろしく~↓↓




にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーウィザード
ジャンル : テレビ・ラジオ

2013-05-16 : 仮面ライダーウィザード : トラックバック : 1
Pagetop
仮面ライダーウィザード第35話「空の向こう側」その2 «  ホーム  » 非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第6痛 「妄想娘娘」その2
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
◎仮面ライダーウィザード第35話「空の向こ...
※ソラがファントムだけど人間の心を失っていない特殊なファントムだと判明 ファントム、アルゴスに襲われた人気モデルの千明(新木優子)を身を挺して守ったソラ(前山剛久)。そ...
2014-10-03 17:02 : ぺろぺろキャンディー
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ハニー@風見

Author:ハニー@風見
侍戦隊シンケンジャーは私にとって永遠の最高傑作です

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR