仮面ライダードライブ 第4話「誇り高き追跡者はなにを思うのか」



第4話「誇り高き追跡者はなにを思うのか」



チャイサーと戦うドライブだが、防戦一方


「この戦士プロトドライブを研究してつくられたのか?」(ベルト)

「何してるんです! 反撃して泊さん!」(霧子)

「簡単に言うなよ!」(ドライブ)


ドリームベガスにタイヤコーカンし、盾で攻撃を何とか防ぐドライイブ


ここでトライドロンが到着し何とか逃走


その様子を見ていた浅矢

「魔進チェイサー…死神め。仮面ライダーを追っ払ってくれた。どうやら、何もかも私に都合よく動いてくれそうだぞ」(浅矢)



ドライブピットにて


「事件を整理してみよう。敵は、人間をデータの線にして絵に描き込むことが出来る。そして犯人は2人いた。同じタイプの能力を持つロイミュードだ」(ベルト)


「アトリエから抜け出し、幽霊騒動を起こしたのはロイミュード084の被害者だった。力が足りなくて、絵から抜けだしてしまった訳だな」(進ノ介)


「その084のスケッチブックは白紙になり、人間の無事も確認されたが浅矢一広の絵は、まだそのままだ」(ベルト)


「泊さん。どうしてあの時、防戦一方で逃げ出したんですか?」(霧子)

「だってさ、あの死神の旦那、相当強かったぜ?」(進ノ介)


「だからって!」(霧子)


「…何より人間が入ってる絵がそばにあったんだ」(進ノ介)


「え?」(霧子)



「頼りなく見えるかもしれないけど、俺も一応警察官なんでね。何とかして、絵だけでも浅矢から押収してやるぜ」(進ノ介)



ここで進ノ介はピットを後にする




「泊さん まさかあのとき…」(霧子)


「そうだよ霧子。進ノ介は、この絵と君をかばって戦っていたんだ。君たちの無事を最優先した」(ベルト)



ここでベルトはドライブの新戦力を急いで欲しいと誰かに連絡を入れる

他に協力者がいるようですね


その頃、ペイントを糾弾するロイミュードの幹部会が開かれていた


「我々は来るべき日に備えるため、進化態を一定数揃えなければなりません」(ブレン)


「『約束の数』ってやつだな」(ペイント)


「多少、人間の社会で暴れても、新しい力に覚醒してくれるなら、その方がいい」(ハート)


「私が、まさにそれだよ」(ペイント)



「ものには限度があるんじゃないの?」と大柄な食べてばかりの男が言います


「我々は影の存在。はみ出す無法者は許せません」(ブレン)


だがペイントは弟子がボロを出しただけ、人間たちは自分を裁けないという



進ノ介と追田は浅矢のアトリエにやってきます


すると絵が消えていた


浅矢は絵が盗まれたというが、何故か高笑い


進ノ介は近くにあった大量のコンセントを見て、脳細胞がトップギアに




署で浅矢の取り調べが行われる



「しかし、人間を絵に塗りこむ怪物ね…。もし、そんな奴が本当にいるなら、羨ましいことこの上ないよ。私がそいつなら、こう言うね。『絵の女達は人質代わりだ。俺を追うな』と…ハハハ…!」(浅矢)


「俺の顔をよーく覚えとけ、三流芸術家。つまらん自己満足のために、女の子たちを恐怖で縛るような奴は…この俺が裁く」(進ノ介)




そのやり取りを霧子は見ていました



ようやくりんなが復帰


霧子はりんなに浅矢の絵の分析を頼んでいたのだった


「結論から言うとこのキャンバスは布じゃなくて、特殊な化合物だったの。だから人間をデータ化して書き込める。でも、それをフィックスしておくには巨大な電源を近くに確保しておかなければならない」(りんな)


これを聞き、進ノ介は浅矢のアトリエには大量のコンセントがあった事を思い出す。


「だったら、僕の仲間に電力調査マニアがいるから、そいつに施設の絞り込みを頼もう!」「西城)



「泊さんは、浅矢の動きをマークしておいて下さい。絵の隠し場所は、必ずこちらで見つけてみせます」(霧子)


「気合入ってるな…。でも無茶するなよ、霧子」(進ノ介)



雨の中、進ノ介はトライドロンの中でアトリエを張り込んでいた


「捜査は湾岸倉庫街に絞られたようだな」(ベルト)


「ああ」(進ノ介)



進ノ介はベガスも張り込んでいるのに気づく


「浅矢が本当に010なら、霧子のためだけではない。ベガス自身の敵でもあるからな。半年前、彼の親友ディメンションキャブはボディに重傷を負ってしまい、今でも戦線離脱している。それ以来、洒落っ気のある彼の遊び心は消えた」(ベルト)




進ノ介はベガスのもとへ行き、傘をさし労をねぎらいます


すると雨が上がると、怪人体のペイントが現れ逃走


進ノ介は追いかけようとトライドロンに乗り込み、ドライブ・タイプスピードに変身するがそこへ魔進チェイサーが現れた


「俺は死神だがコアは壊さない。ロイミュードにやり直すチャンスを与える」(チェイサー)


「そうか、それがこの男の役目」(ドライブ)


「だが、お前はコアを破壊し仲間を減らす」(チェイサー)


「何だと!?」(ドライブ)


「真の死神はお前だ、仮面ライダー!」(チェイサー)



苦戦するドライブはチェイサーのほうが少し強いという


「グッド!正確な分析だ。その差を新戦力で埋めよう」(ベルト)



するとドライドロンからハンドルのついた剣が召喚される



「ドライブ用の加速剣。新開発の圧縮SO-1合金でできている。名前は未定だが」(ベルト)


「どう見てもハンドル剣だろ、これ」(ドライブ)


「いや、見たままだね。もう少しエクセレントな名前つけないか?」(ベルト)


「いや、ハンドル剣、決定!よし!」(ドライブ)



ハンドル剣でチェイサーと戦うドライブだが剣のスピードが凄く扱いに手を焼きます


「こりゃ中々の暴れ馬だ」(ドライブ)


「直感的に戦え」(ベルト)


「OK!考えるのはやめた。フィーリングで勝負だ!」(ドライブ)



ドライブはハンドルを回しターン、Uターンを使い、チェイサーと互角の勝負に持ち込みます







vlcsnap-2014-10-26-14h30m33s30.jpg



湾岸の倉庫の周辺を捜査するりんなと西城



「広すぎる…。僕、運動不足だなぁ~」(西城)



「私は寝不足よ~」(りんな)



なんでりんなは寝不足なのか?アレを作っていたから?



vlcsnap-2014-10-26-14h30m48s177.jpg




倉庫の中を調査する霧子


「反応が強い…。あいつが何度も出入りした証拠!」(霧子)




vlcsnap-2014-10-26-14h31m02s56.jpg
vlcsnap-2014-10-26-14h31m33s107.jpg



ここで連絡を取ろうとした瞬間、浅矢に見つかってしまいます


霧子のタイツ脚に萌え


「いいね。君はやはりアバンギャルドだ」(浅矢)


「やっぱり、あなたが010…」(霧子)




vlcsnap-2014-10-26-14h32m25s124.jpg





「私は、誰にも縛られない新天地へ行く。だが、丁度良かった。君を絵にせずに、この国を去るのはどうにも心残りだからね」(浅矢)




vlcsnap-2014-10-26-14h32m32s191.jpg





「私のこと、覚えていたのね!?」(霧子)






vlcsnap-2014-10-26-14h32m45s68.jpg




「当然さ!この半年間、あの時の君の恐怖の表情を超える女は、1人も現れなかったからねえ。ハハハ…!君の前では、この倉庫の中の絵の女達も、霞んで見えるよ」(浅矢)






vlcsnap-2014-10-26-14h33m12s69.jpg





「…そこに絵が?」(霧子)





vlcsnap-2014-10-26-14h33m22s181.jpg




「仮面ライダーは死神と交戦中だ。誰にも邪魔はできない。ハハハ…!」(浅矢)







vlcsnap-2014-10-26-14h33m39s101.jpg



ここで霧子は進ノ介の言葉を思い出す



『頼りなく見えるかも知れないけど、俺も一応警察官なんでね』






vlcsnap-2014-10-26-14h33m52s231.jpg





「私もです、泊さん」(霧子)






vlcsnap-2014-10-26-14h33m59s40.jpg





霧子は立ち上がり、拳銃をペイントに向けます



「正気か?そんな武器でロイミュードに歯向かおうなんて…」(浅矢)






vlcsnap-2014-10-26-14h34m16s209.jpg




「半年前のあの日、私の顔から笑顔が消えた。本当に怖かった、今でも怖い。でも…だからこそ私は刑事に…ドライブの協力者になった。同じような目に、他の人達を遭わせたくない。あなたのような悪魔から、この手で守りたいから!」(霧子)






vlcsnap-2014-10-26-14h35m02s156.jpg




浅矢に銃を発砲する霧子だが、浅矢はペイントロイミュードの姿になり、弾丸を重加速で止め、液体を放ちジャスティスハンターをホルダーから外す




vlcsnap-2014-10-26-14h35m36s237.jpg




たちまち霧子は重加速に巻き込まれ、両腕を光の糸に変化されてしまいます









続きを読む

FC2 Management

テーマ : 仮面ライダードライブ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014-10-30 : 仮面ライダードライブ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

烈車戦隊トッキュウジャー 第33駅「カラテ大一番」その2

第33駅後半記事行きます


第33駅「カラテ大一番」その2



vlcsnap-2014-10-22-17h55m36s44.jpg




ライトとヒカリは2人だけでチュウシャキシャドーのいるビルの前にやってくる


そんな2人にモニターからチュウシャキシャドーは最上階で待っていると告げる


「さあてクローズはどのくらいいるのかな」


「ライト。覚えてる?2人で試合したこと」


「え?…あぁ…!」



vlcsnap-2014-10-22-17h55m52s211.jpg




「あれ、俺が先生に頼んでやらせてもらったんだ」



「じいちゃんに?」




vlcsnap-2014-10-22-17h56m20s228.jpg




「ライトに勝ちたくてさぁ。ライトのほうが先に空手はじめてたけど、俺のほうがかなり練習してたから自信あったし…!」


「俺、練習嫌いだったからなぁ~」





vlcsnap-2014-10-22-17h56m35s121.jpg




「でも…負けた…」






vlcsnap-2014-10-22-17h57m07s182.jpg





「あの時平気な顔してたけど…本当は…裏で泣いたんだ…」


「え…、お前が…?」




vlcsnap-2014-10-22-17h58m17s118.jpg


泣いているヒカリのもとへライトのおじいさん、先生が声を掛ける



『悔しいな。あんなろくに練習もしないさぼり坊主に負けるなんて…。アイツの強さはもう、もって生まれたものとしか言いようがない。余計に腹が立つな…ハハハ…。でもなこんなに一生懸命練習した手が弱いわけないぞ。ほうら、触ればどれだけ頑張ったか、すぐわかる。だが一生懸命の分、力が入りすぎてガチガチだったなぁ。逆にライトは試合を楽しんでたぞ。だから体が楽に動く。あ、今度はな、少し遊ぶぐらいのつもりでやってみろ!ライトなんかぶっ飛ばせる!』






vlcsnap-2014-10-22-17h59m05s84.jpg




「何それ…。じいちゃん…俺の味方じゃなかったのかよ…」






vlcsnap-2014-10-22-17h59m27s50.jpg




「ライト…。勝負しない?どっちが多くクローズ倒せるか!?」



「えっ…?」



「先生の言うとおり、少し遊ぶぐらいでやらないと…ダメかも」



「わかった!絶対勝つ!」




vlcsnap-2014-10-22-18h00m14s5.jpg



いざ乗り込もうという時、春日が駆けつけてきた


自分の行くと言う




vlcsnap-2014-10-22-18h01m02s226.jpg




どちらが多くのクローズを倒せるか勝負することにしたライトとヒカリはビルに突入し、クローズを片っ端から倒していきます。

春日はあまり役に立たずです


ライトの動き、様になってますが、やはりヒカリのアクション、キレがいいですね!




vlcsnap-2014-10-22-18h06m08s221.jpg
vlcsnap-2014-10-22-18h06m12s5.jpg



そんな中、残ったミオら4人はカーキャリアレッシャーのダッシュカーにそれぞれ搭乗していました



「日が沈むまで…後少し…」



「ライト…、ヒカリ…」





vlcsnap-2014-10-22-18h07m18s149.jpg




ライト、ヒカリは最上階へ階段を上りながクローズを倒していきます



狭い階段、廊下アクションも見ごたえありました




vlcsnap-2014-10-22-18h08m15s214.jpg




最上階のチュウシャキシャドーの元までたどり着いたライトとヒカリと春日


「は~いご苦労様。ここまで来たご褒美にお前たちの毒を一気に注入してあげましょう」(チューシャキシャドー)



約束破るという鬼畜な…




vlcsnap-2014-10-22-18h09m22s110.jpg





そこに、カーキャリアレッシャーで駆けつけたトカッチたちが現れ、チュウシャキシャドーを抑え込む




続きを読む

テーマ : 烈車戦隊トッキュウジャー
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014-10-26 : 烈車戦隊トッキュウジャー : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

烈車戦隊トッキュウジャー 第33駅「カラテ大一番」その1


第33駅「カラテ大一番」その1




vlcsnap-2014-10-20-10h33m28s235.jpg



記憶を取り戻したライト達、だがやるべきことは3つある


シャドーラインの駅乗っ取りを阻止する


シュバルツからドリルレッシャーを取り戻す


シャドーに奪われた街を救う



シュバルツの探索は俺に任せろという明




vlcsnap-2014-10-20-10h34m02s70.jpg



そんな彼らを見ていた車掌は、記憶を取り戻してから、どんどん子供っぽさが抜けていると危惧するがチケットは人は成長するんですから馬鹿よりましじゃないですか?と…





vlcsnap-2014-10-20-10h34m26s48.jpg



ライトとヒカリは空手の型を始めます


ライトも結構様になってますが、やはりヒカリは本物ですね~!





vlcsnap-2014-10-20-10h35m00s130.jpg



「あれは?」



「思い出したことの一つだよ。ライトもヒカリも空手やってたんだよね」






vlcsnap-2014-10-20-10h35m14s15.jpg
vlcsnap-2014-10-20-10h35m36s228.jpg




「うん。ライトのおじいちゃんが先生で」




クウガの五代の小学校時代の恩師だった神埼先生!!





vlcsnap-2014-10-20-10h35m47s87.jpg



「がんばってたなぁ~特にヒカリ。トッキュウジャーになった時から強かったのも当然かな」





vlcsnap-2014-10-20-10h36m19s155.jpg




「ミオちゃんだって強いよ。剣道やってたもんね」






vlcsnap-2014-10-20-10h36m24s201.jpg



「ちょっとだけね」





vlcsnap-2014-10-20-10h37m15s198.jpg




ヒカリは久しぶりに手合せしようとライトを誘います




vlcsnap-2014-10-20-10h38m14s15.jpg




だがここで車掌からシャドーに隣の駅が乗っ取られていたと知らせが入ります





vlcsnap-2014-10-20-10h42m41s131.jpg



駅の名は中毒駅


見渡すと人気がない…




vlcsnap-2014-10-20-10h45m18s155.jpg




するとシャドーではなく武道の心得のある人間たちが現れ襲ってくる



この6人、もろトッキュウジャーのスーツアクターさんたちじゃないですか!





vlcsnap-2014-10-20-10h45m52s236.jpg




それぞれ変身前と変身後の中の人が素面で戦うって、ある意味凄い図ですね





続きを読む

テーマ : 烈車戦隊トッキュウジャー
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014-10-24 : 烈車戦隊トッキュウジャー : トラックバック : 0
Pagetop

仮面ライダードライブ 第3話「だれが彼女の笑顔を奪ったのか」その2

第3話、後半記事行きます


第3話「だれが彼女の笑顔を奪ったのか」その2



vlcsnap-2014-10-19-15h22m41s37.jpg




進ノ介と霧子はあの恥ずかしい装置で浅矢のアトリエの外壁の重加速粒子の捜査をしていると浅矢と富士宮が帰ってきます


相変わらずいやらしさ全開の浅矢は霧子に触り、中へ

富士宮は霧子にぶつかり、すいませんというとそそくさと中へ入っていきます






vlcsnap-2014-10-19-15h23m16s130.jpg





ドライブピットへ戻った進ノ介達



「ロイミュードは、人間の皮膚に近い膜を全身に張れる。しかも、鼓動などのデータも偽装できる。見破ることは困難だ」(ベルト)



「重加速粒子も身体から測定できないんじゃ、ボロを出すまで手の出しようがないってか…」(進ノ介)





vlcsnap-2014-10-19-15h23m33s35.jpg




「それまでに、何人の女性が犠牲になるって言うんです?それを救ってあげられるのが、あなたじゃないんですか?のろのろしてる場合じゃないでしょう?」(霧子)





vlcsnap-2014-10-19-15h23m46s169.jpg





「だけどな、厄介な相手だぜ?奴らは人間の世界に溶け込んでいた方が安全だって事を知ってるんだ」(進ノ介)







vlcsnap-2014-10-19-15h24m00s58.jpg




「理屈は分かります。でも…でも、それを飛び越えて人間を救ってあげられるのが…」(霧子)






vlcsnap-2014-10-19-15h24m06s113.jpg





「それが、仮面ライダーって奴?」(進ノ介)




ここで霧子は何も言わずココを立ち去ってしまいます





vlcsnap-2014-10-19-15h24m30s96.jpg



そんな進ノ介にドリームベガスも抗議します


「それだけ、霧子は怖い思いをしたと言う事だ。半年前にね」(ベルト)


「半年前?グローバルフリーズの時にか?」(進ノ介)




vlcsnap-2014-10-19-15h28m11s250.jpg


ここで霧子のことを回想シーンを交え話すベルトさん



「あの日、心に傷を追ったのは君だけではなかった。ロイミュードが一斉蜂起を始めた日、君が武装犯を追っていたあの夜…」(ベルト)



交通整理をしていた霧子は突如、重加速に襲われる




「霧子は、人間をデータ化してしまう敵に襲われていた。霧子は、今回のロイミュードがあの時の進化態だと睨んでいるんだ」(ベルト)




vlcsnap-2014-10-19-15h29m24s218.jpg




その時ドリームベガス他が駆けつけロイミュードを攻撃

さらに仮面ライダーも!



「その時、霧子を救ったのがプロトドライブだった。そして、敵は彼を仮面ライダーと名づけた。ロイミュードにとって、それは宿敵の異名になったのだ」(ベルト)




vlcsnap-2014-10-19-15h31m32s224.jpg




「仮面ライダーか…。同時に、霧子のナイト様でもあるって訳だな。俺より前に、先輩のドライブが居たとはね」(進ノ介)





vlcsnap-2014-10-19-15h31m51s162.jpg





「うむ。残念ながら、彼は敵対したものの命を落とした。君と違って、プロトドライブには敵のコアを破壊する力がまだ無かったんだ」(ベルト)



なんと以前に出てきたドライブは死んでいたとは…




vlcsnap-2014-10-19-15h38m16s171.jpg




霧子は重加速粒子測定器に紙が挟んであるのを見つけます


富士宮がぶつかったときに挟んだようで霧子宛てのことづてのよう




「あの時、彼が…」(霧子)







vlcsnap-2014-10-19-15h45m25s108.jpg




霧子は富士宮に呼び出されたアトリエにやってくるが彼の姿がない…






vlcsnap-2014-10-19-15h46m07s18.jpg
vlcsnap-2014-10-19-15h46m26s196.jpg



その頃得状課では


女の子を糸にして、奴はどうするんだ?とモヤモヤしている進ノ介


ここで西城が情報網を駆使しあのアトリエ周辺で消えた美女のリストアップを見せます



「ちょっと待った。2つ前の画像、見せてくれ」(進ノ介)


この女性を見て何かを感じた進ノ介



vlcsnap-2014-10-19-15h46m39s56.jpg




「そうか。脳細胞がトップギアだぜ。わかったぞ、霧子!…って」(進ノ介)



霧子がどこかへ出て行ったことを聞いた進ノ介は慌てて飛び出していきます





続きを読む

テーマ : 仮面ライダードライブ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014-10-23 : 仮面ライダードライブ : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

仮面ライダードライブ 第3話「だれが彼女の笑顔を奪ったのか」その1


第3話「だれが彼女の笑顔を奪ったのか」その1




vlcsnap-2014-10-19-11h47m02s186.jpg
vlcsnap-2014-10-19-11h47m23s132.jpg





絵画展を見に来た高校生4人組のうち、女生徒2人が突然行方不明になった


追田ら警察に事情聴取を受ける男子学生


どんよりが起き怪物がさらったという男子学生だが、追田らはどんよりを信じないのでどっかに見に行っただけじゃないか?と


「どんより、怪物…また特状課の連中が出て来んのか?」(追田)





vlcsnap-2014-10-19-11h48m01s6.jpg




またもや食堂でさぼる進ノ介


「はぁ~朝から倦怠感がすげぇ」(進ノ介)




vlcsnap-2014-10-19-11h48m18s164.jpg




そこへ霧子がやってきます


「少し活躍したと思ったら、またエンジンが止まりましたね」(霧子)


「そう睨むなよ、霧子。ほら、バネってさ、縮めすぎると逆に力なくなるだろ?次に大きく跳ねるためには、一度ビロ~ンって伸ばさないと」(進ノ介)





vlcsnap-2014-10-19-11h48m37s106.jpg




「なるほど。それなりに説得力があるね」(ベルト)


ベルトさんもちゃっかりシフトカーでそのやりとりを聞いていました


「納得しないで下さい!ダメな大人の言い訳は聞きたくありません。そんな人は仮面ライダーとは言えませんよ?」(霧子)





vlcsnap-2014-10-19-11h48m49s226.jpg




「またそれかよ。仮面ライダーって何だよ?」(進ノ介)




ここで本願寺から特状課への集合のアナウンスされます




vlcsnap-2014-10-19-11h49m12s191.jpg




向かおうという矢先、シフトカーが現れ、霧子が愕然とします


「あっ、見たことねえシフトカーがいるぞ」(進ノ介)





vlcsnap-2014-10-19-11h49m25s74.jpg
vlcsnap-2014-10-19-11h49m32s148.jpg



「ベガス…まさか…」(霧子)





vlcsnap-2014-10-19-11h50m06s230.jpg





行方不明者が出た絵画展であの恥ずかしい装置をつけ、調べる進ノ介と霧子





vlcsnap-2014-10-19-11h50m29s197.jpg



特状課へ戻ってきた2人は重加速粒子が残存し、怪物事件に間違えないと報告



どう見ても行方不明事件だろ?と追田はどんよりを相変わらず否定的





vlcsnap-2014-10-19-11h50m54s198.jpg
vlcsnap-2014-10-19-11h51m23s228.jpg





「僕が真相を教えてあげましょう。追田警部補。ずばり、これ!一週間前に起きた幽霊アトリエ事件。怪物が幽霊を食べていたという美人主婦の目撃証言。その時の幽霊は全て女性だったと言うんだ。同じ嗜好性を持つ怪物の犯行だよ。間違いない!」(西城)





vlcsnap-2014-10-19-11h54m09s92.jpg




「またオカルトか。んなもん、お前の大好きなネットにでも書き込んで悦に入ってろ」(追田)





vlcsnap-2014-10-19-11h54m16s173.jpg





「究ちゃんが言うからいかがわしく聞こえるけど、この情報意外とビンゴじゃねえか?」(進ノ介)






続きを読む

テーマ : 仮面ライダードライブ
ジャンル : テレビ・ラジオ

2014-10-22 : 仮面ライダードライブ : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

ハニー@風見

Author:ハニー@風見
侍戦隊シンケンジャーは私にとって永遠の最高傑作です

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR